白にんにくと紫にんにくの違いは何ですか?

21.jpg

サイズ:見た目の面では、紫ニンニクに比べて白ニンニクの方が寒さに強いためサイズが大きく、白ニンニクのクローブは大きく、真ん中にハートがなく、白い皮が薄く、栄養分が豊富です。 中型のニンニクで、クローブが均等に配置されており、スパイシーな香りが強く、品質も比較的良いです。

食味:私たちは普段、白い食べ物を多く食べています。 ホワイトガーリックは繊細な味で、あまり辛くありません。 一方、紫にんにくは、白にんにくよりも有効成分が多く、細菌を抑制する効果が高いため、味が辛くなり、白にんにくは相対的に弱くなります。

栄養素:ホワイトガーリックには、セレンとゲルマニウムが豊富に含まれており、これらの栄養素は体にとても良いもので、人間の機能を高めることができます。 紫色の皮のニンニクには、健康に良いとされるアントシアニンが豊富に含まれています。 震動は体の免疫力を高めます。

どの種類のニンニクが体に良いかというと、どちらが良いということはなく、味が違うだけなので、紫の皮は加熱して食べ、白の皮は生で食べるのが良いとされていますが、実はこの2種類のニンニクには体に良い効果があります。漢方では、ニンニクは辛くて温かく、肝臓に良いとされており、アリシンが含まれていることから、血管破壊作用があるとされています。 にんにくの主な効能は、血圧を下げたり、血管を広げたりする効果が期待できます。

<インスリン:私たちは、今の人々は食事にあまり注意を払っていない、何気なく食べている、それは体の問題を作るのは簡単ですが、血糖値の異常、糖尿病につながる可能性があり、その後、通常の食事は、偶発的にいくつかのニンニクを食べている、インスリンを調整するのに役立ちます、セレン含有量のニンニクは、人間の体のインスリンの合成は、規制効果を持って減少していることですCartridge Packaging

老化を遅らせる:にんにくには、体内のフリーラジカルを除去する抗酸化物質が含まれており、これが老化を遅らせる役割を果たしているため、女性は注意が必要です。 通常は匂いがあるので、きちんと食べてすぐにうがいをして呼吸を抑えることができます。

殺菌・抗炎症:にんにくには殺菌・抗炎症効果があります。紫にんにくに含まれるアリシンという揮発性オイルには明らかな殺菌・抗炎症効果があり、特に上気道や消化管の感染症、マイコバクテリアによる角膜炎などにハエ取り効果があります。現在のにんにくには硫化プロピレンが含まれており、その殺菌能力はペニシリンの10分の1で、病原性細菌や寄生虫には優れた殺菌効果があり、インフルエンザの予防、傷口の感染症の予防に効果があります。 傷口の感染予防の役割。

紫皮ニンニクと白ニンニクの区別はありませんので、自分の状況に応じて選べばよいのですが、最終的にどちらのニンニクがよいかということにはあまりこだわらず、合理的で科学的な食べ方をしていれば、体は半分の努力で2倍の結果を得ることができます。夏になると細菌が増えますので、毎日ニンニクを食べれば体にもよいでしょう。

精選文章:

湿っぽい人は、体のこんなところに症状が現れます

ヨーグルトを飲むときの注意点を知らない人も多いと思います

早晚哪個時候排便比較好?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント